2010年01月28日

Under the amber moon 〜琥珀色の月の下で〜

 
 
tomo-zoさんによるアレンジスタイルのコラボ作品です。

私の初期の頃のオルゴール曲(原曲名:Doubt)を、tomo-zoさんがアレンジ&音源化してくださいました。

まだオルゴールオンリーでシンプルなオルゴールを作っていた頃の曲を、tomo-zoさんがアイリッシュトラッド(ジグ)アレンジしてくださいました。この曲を聴いてケルティックな雰囲気のメロだよね、と言われた時凄い驚いたんです。実はこの曲は打ち始めの当初は4拍子の和風ケルトのイメージで打っていたんです。でも打ち込んでいるうちに段々3拍子の案が出てきて、急遽その雰囲気を残したまま3拍子アレンジに変更したんです。そのケルトにしたかった雰囲気を汲み取っていただけた上に、ROSEさんにアレンジの予定がなかったらいつかケルトアレンジしてみたいとおっしゃっていただけたので・・。速攻こちらから「当分ありませんので是非!(爆)」とお願いして、原曲をプロットと思って思う存分アレンジしていただいていいという約束の元に実現したスペシャルアレンジです。

原曲は「Doubt(疑惑)」という感情系のシンプルな3拍子のオルゴールですが、元のイメージを残しつつ完全なる別曲に生まれ変わった素敵なアレンジでしたので、お願いして別タイトルもつけていただきました。
「Under the amber moon 〜琥珀色の月の下で〜」という素敵な名前をつけていただけました!是非お聴きください♪
 

★ 交流スタイル : 私の原曲からのアレンジ&音源化

作曲 : ROSE  アレンジ&音源化 : tomo-zoさん
 






tomo-zoさんのHP・・・【Sound in pocket
posted by ROSE at 21:14| Comment(0) | ARRANGE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。